2015/09/25 11:20:44

cpan

CPAN.pm - CPAN モジュールをインストールする cpanm 以前のコマンド

CPAN とは

CPAN は Perl ライブラリの宝庫!
小さなものから大きなものまで再利用性・汎用性の高いモジュールの数々が登録されています。
その CPAN からモジュールを自動的にダウンロードしてインストールするためのモジュールが CPAN.pm です。

(ただし、2010年以降、cpanm という新しいソリューションが出ているので、今後は出番が少なくなるかもしれません)

cpan コマンドの使い方

シェルで以下のようにすることで対話的なcpanシェルが起動します。

# cpan

or

# perl -MCPAN -e shell

しかし、実は、対話的シェルを起動しなくとも、以下のようにほとんどの作業が可能です。

モジュールをインストールします
# cpan Module::Name

明示的にモジュールをインストールします
# cpan -i Module::Name

強制的にインストールします(fオプションは他の cmt オプションにも使えます)
# cpan -fi Module::Name

モジュールのディレクトリを make clean します
# cpan -c Module::Name

モジュールを make (build) します
# cpan -m Module::Name

モジュールを make test (build test) します
# cpan -t Module::Name

ちなみに、モジュール名は、複数並べることが可能

# cpan Module::Name Other::Module More::Module

もっと cpan コマンド

次のようなオプションもあります。

モジュール作者(メンテナ)を表示する
# cpan -A Module::Name

Changesファイルを表示する
# cpan -C Module::Name

モジュールの詳細情報を表示する
# cpan -D Module::Name

作者のモジュール一覧を表示する
# cpan -L AuthorName

インストールされている古いモジュールを一覧表示する
# cpan -O

test しないでインストールする

Test::Pod とか Pod::Spell でだけこける残念なときとか。

# cpan
cpan> notest install Module::Name

see also

サイト内検索