2016/07/18 21:44:34

ロンドン - イギリス

ハネムーンとバックパックの間くらいの旅

スタンステッド空港からパディントンのホテルへ

ホテルの近く CARDIFF HOTEL ロンドン朝食

ロンドンには空港が3つ4つあるらしい。今回はそのなかのひとつ、スタンステッド空港に降り立った。
空港での写真は撮り逃した。と言うのも、入国審査に時間がかかりまくって危うく、最終の電車を逃してホテルに辿り着けなくなるところだったから。

さて、入国審査を無事抜けて、ここから電車で移動だと思っているところで、イタリアからやってきたという黒人の女の人に助けを求められた。
彼女は15歳で叔父の家に行くところらしいのだが、待ち合わせ場所まで行って電話で呼び出すはずが、財布を忘れてきて、おまけに携帯はイタリアのやつだからかけられないらしい。
取り急ぎ、どの電車に乗ればいいかわからないということらしいので、行き先をきいて調べると、たぶん同じ電車らしかったので、一緒に乗って移動した。なんで国外に行くのに財布忘れてくるとかすごいなとか思ったけど、とにかく急いでたらしい。まあ話し始めのころは聞けば聞くほど新手の詐欺かなんかかと思って警戒していたが、まあそうでもなく本気で困っているらしかった。

しかし、あいにくこちらも電話持ってないしロンドン来たばかりで現金も持っておらず何も助けてあげることができない。出来ることと言えば、どうやったら彼女が目的地に辿り着けるかのアドバイスくらいだった。
そして、最終的に、彼女はタクシーに乗って叔父の家まで直接行って、お金を払ってもらうという風に言っていた。

無事、辿り着けたことを祈ろう。

そうして僕らも駅に着き、そこからタクシーに乗った。もう日付は変わってしまっている。ロンドン寒い。ホテルまでの道々でATMでお金をおろした。無事ホテルに着き、近くにあった閉店間際のハンバーガーショップでハンバーガーを買って食べた。あまり気づいてなかったけど、疲れた。

しかし、あたりは真っ暗だけど、ここはロンドン。人生初の、英語圏。胸が躍り狂う。

パディントンのホテル

パディントンで泊まったホテルは、駅から近いし暖房しっかりしてるし部屋もそこそこ広いし朝食もおいしいし、おまけに安かったが、いかんせんシャワーのお湯の出が最悪だった。勢いがないとかいうレベルではない。シャワーからでてくるけどシャワーの形式を保っていないくらい勢いがない。栓が閉まらなくなって漏れでてくるお湯、くらいの勢いしかない。そのくせポンプの回る音だけやんやんなってうるさい。ほんとうにひどかった。それ以外はとても良かったのに。。。

アビーロード

別にビートルズのファンというわけでもないが、なにげにアビーロードにいってみた。例のジャケットでよく知られているところ。

ビートルズのジャケットインスパイア

観光客が何人かいて、みんなこの横断歩道をいったりきたりしている様がおもしろく、自分も負けじと小雨がぱらつくなか撮影した。ポラロイドで渡るとこ撮ってあげるよという商魂たくましい若いにいちゃんもいたりした。でも、言われないで通ったら、ここがあの場所だとかなかなか気づかなかったかもしれない。

bus Abbey Road Studio ROCKS on the wall PRIMARK Big Ben Big Ben テムズ川と観覧車 London Night

PRIMARK

アビーロードでひとしきり撮影したあと、街の方にもどってビールを飲みながらフィッシュアンドチップスを食らってから、PRIMARK へ行って買い物をした。

PRIMARK は日本にないと思うのであまり知られてないかもしれないが、イギリスでは大人気のようすだった。アイルランドの衣料品メーカーで、ヨーロッパを中心に出店している。日本で言うところのユニクロとかしまむらみたいな感じかなあ。ファストファッションの大手。とにかく安い。
そこのところを、自分は最初理解してないまま店に入ったが、とにかく安い。本気で安い。まあ質がどうとかはわからないが、とにかく安かったので、旅で消費した靴下(10足500円くらい)や、Tシャツ(300円くらい)、ニット(800円くらい)、アウター(日本だと安くても5000円以上はしそうなのが3000円)、革の手袋(800円)などを買ってしまった。まさに衝動買いと言わざるを得ない買い物だったが、かなり満足した。安い。
店内は戦場のようで、大量の商品と、大勢の客であふれかえっていた。客のマナーというか、商品の扱いがひどくて、商品が床に散乱しているのを何度か見た。それをトンボのようなものでかき集める店員もいて、そういうとこ、そうなのね、と思ったりもした。あれまた陳列されるんだろうか。
客の中には、お前輸出する気か、少なくとも転売目的だろうと思えるほど大量に商品を買おうとしてる人がいたり、サポートに言いがかりをつけてるお客さんがかなり多くいて面白かった。PRIMARK は是非行ってみるべし。

食事

ロンドンで食べたもの。

ロンドンのバー Beer Beer fish and chips リゾット パスタ LONDON PRIDE と Cafe ハーブ酉 本場のスコーン MARKS&SPENCER のトライフル

ロンドンでの食事は正直期待していなかった。しかし、バーの雰囲気は良いしビールもうまい。フィッシュアンドチップスはボリューム感もあっておいしかった。スコーンとクロテッドクリームはさすが本場だ。あの味はなかなか日本では味わえない気がする。たぶん味わえたとしても高い。
ちなみに、上の写真の一番右のは、マークス&スペンサーというロンドンのちょっといい感じのスーパーで買った トライフル のラベル。350円くらいなのだけど、かなり大量で、吉牛のどんぶりよりまだ大きいくらいのサイズである。プリンメインな感じのケーキ。あまくておいしかった。

London あなどってごめんなさい。おいしかったです。

Regent's park

ロンドン行ったら公園に行くべし、ということで、冬だけどRegent's park行ってきた。

REGENT'S PARK MAP REGENT'S PARK REGENT'S PARK: リス REGENT'S PARK: リス REGENT'S PARK: リス REGENT'S PARK REGENT'S PARK
REGENT'S PARK REGENT'S PARK REGENT'S PARK REGENT'S PARK REGENT'S PARK REGENT'S PARK REGENT'S PARK

公園はとてもひろくてすがすがしい感じがした。緑があって水があって、リスがいたり水鳥がいたり、冬だったけどまだ少しバラが残っててきれいだった。気温が低くても芝生はいきいきとしていて、雨が多いかららしい。
途中、公園のなかにあるカフェみたいなところで休んで、やっぱりここでもビールを飲んで、おいしかった^^ 全部を歩くには広すぎて、たぶん 1/4 くらいしか歩いてないけど、いいところだった。家の近くにこういう公園あるといいなー

SAATCHI GALLERY

Saatchi Gallary Saatchi Gallary併設のカフェ

イケてるロンドンを体験したいなら、美術館に行くがいいと誰が言ったか知りませんが、SAATCHI GALLERY に行ってきました。
インスタレーション中心のきれいな美術館で、面白かったです。アートに国境なしですな。

ヒースロー空港

ヒースロー空港 ヒースロー空港から成田へ

というわけで、長い旅もいよいよ最後、朝 預けた荷物をホテルでピックアップして ヒースロー空港 へ。
空港行きの電車は予想外に混んでいて、車内で食べようとしたトライフルは降りた駅のベンチで食べることになってしまった。最後の最後、食い意地に負けた。うう。

空港で Rihanna の Loud を買った。

帰りの飛行機は、テンションが下がりきらないからか、疲れのせいか、なかなか寝付けず大変だった。リクライニングの角度が微妙に倒れきらないのもいやだった。

しかしながら、とにかく、とても楽しい旅だった。嫁に感謝する。お休みくれた会社にも。

ぜひまた行きたい。

that's all. thank you for reading.

サイト内検索