2015/09/25 11:20:45

MojoMojo インストール

このページは、Installing MojoMojo@bayashi が訳したものです。正確な情報は原典を参照願います。

MojoMojo で推奨されるインストール方法は、GitHub からのインストールで、MojoMojo の全ファイルがひとつのディレクトリにまとめて入ってくれます。そこで、あなたが手にするのはもっとも新しい開発版です。もし、リリースバージョンを使用したいなら git clone したあとに git tag で リストをみて、tag を明示的にした上で checkout してください。: git checkout <tag_name>

バイナリパッケージ

必要なシステムの条件

  • root 権限 (もしくはlocal::lib で MojoMojo をインストールしていれば、その限りではありません)
  • Perl: 5.8 以上
  • Catalyst: 5.7 以上
  • データベース: 理論上は DBIx::Class がサポートしていれば何でもOKです。SQLite・PostgreSQL・MySQL は実証されています。
  • メモリ: Linux で FastCGI の1プロセスが 60Mb ほど必要です(wikiのデータベースバックエンドやサイズには関係ありません)。

外部依存ライブラリ

  • Atom feeds を使用するために libxml2 が必要です
  • ファイル添付機能のために次の画像ライブラリが必要です: Imager: libpng-dev (or libpng12-dev), libgif-dev, libjpeg-dev (or libjpeg62-dev)
  • XML::Feed のために、次のCライブラリも必要です: expat, libexpat1-dev and aptitude install libxml-parser-perl
  • MojoMojo::Formatter::DocBook には次のライブラリが必要です: docbook-xsl (debian package name)

CPAN からのインストール

  1. cpan Catalyst::Runtime 簡単!
  2. 外部ライブラリのインストール. Ubuntu なら次のようなコマンド: aptitude install libxml2 libpng-dev libgif-dev libjpeg-dev expat libexpat1-dev docbook-xsl Windowsの場合、http://www.zlatkovic.com/pub/libxml/ 依存の libxml2 のために libxml2.dll / iconv.dll / zlib1.dll が存在するディレクトリへの PATH が通ってないといけません。
  3. MojoMojo をインストールします
  4. MojoMojoの設定 を書くとき、mojomojo.conf を上書きするのではなくて、mojomojo_local.conf に書いたローカル設定で mojomojo.conf を上書きする(そうなる)のが Catalyst アプリケーションのやり方です。
    (詳細は Catalyst wiki - What is the precedence of various configuration setting locations? を参照してください。)

MojoMojo の設定ファイルを適当に指定するには、次のようにしてください:

MOJOMOJO_CONFIG=/my/other/path.conf

Catalyst 用の環境変数は MYAPP_CONFIG を参照してください。

古いバージョンの インストール手順

GitHub から最新版をインストールする手順

aptitude install libxml2 libpng-dev libgif-dev libjpeg-dev expat libexpat1-dev make
aptitude install libxslt1-dev libgdbm-dev docbook-xsl docbook-xsl-doc-html
aptitude install git-arch
git clone git://github.com/marcusramberg/mojomojo.git
# optional: git tag ; git checkout <a release tag>
cpan -i Module::Install
cd mojomojo
perl Makefile.PL
make
make test
# change mojomojo.conf if necessary
script/mojomojo_spawn_db.pl  # creates database
script/mojomojo_server.pl  # launch development server

For an example of installing the latest build from GitHub on openSuSE 11.2, see Installing on openSuSE

Upgrading

In general, upgrading via CPAN (or your equivalent distribution package) should be the only step required to upgrade your MojoMojo installation:

n@fendahl:~$ sudo cpan
cpan[1]> install MojoMojo                                                                         
Running install for module 'MojoMojo'
Running make for M/MR/MRAMBERG/MojoMojo-1.00.tar.gz
Running make test
t/01app.t ....................... ok   
t/02pod.t ....................... ok     
t/03podcoverage.t ............... skipped: set TEST_POD to enable this test
t/04context.t ................... ok   

[snip]

All tests successful.
Files=54, Tests=624, 165 wallclock secs ( 0.20 usr  0.11 sys + 99.55 cusr  5.01 csys = 104.87 CPU)
Result: PASS
  MRAMBERG/MojoMojo-1.00.tar.gz
  /usr/bin/make test -- OK
Running make install
Prepending /home/justin/.cpan/build/MojoMojo-1.00-hLVXEf/blib/arch /home/justin/.cpan/build/MojoMojo-1.00-hLVXEf/blib/lib to PERL5LIB for 'install'
Installing /usr/local/share/perl/5.10.0/MojoMojo.pm
Installing /usr/local/share/perl/5.10.0/MojoMojo/mojomojo.conf

[snip]

Installing /usr/local/bin/mojomojo_update_db.pl
Installing /usr/local/bin/mojomojo_spawn_db.pl
Installing /usr/local/bin/mojomojo_fastcgi_manage.pl
Installing /usr/local/bin/mojomojo_fastcgi.pl
Installing /usr/local/bin/mojomojo_cgi.pl
Appending installation info to /usr/lib/perl/5.10/perllocal.pod
  MRAMBERG/MojoMojo-1.00.tar.gz
  /usr/bin/make install  -- OK

1.00 より前のバージョンから 1.00 にバージョンアップするときは、mojomojo.conf の「データベース接続の項目」を確認してください。

<Model::DBIC>
    <connect_info>

    # DB User
    user              db_user
    password          db_password

    # SQLite DSN (default database type, recommended for small to medium deployments)
    dsn               dbi:SQLite:mojomojo.db

    ...

    </connect_info>
</Model::DBIC>

データベースのスキーマはいまのところ変更される予定がありませんが、cpan MojoMojogit pull でアップデートするときは気をつけるべきです。

プラグイン

サーバーをスタートさせる前に、もし GitHub からインストールした場合は、使う予定のないプラグインを削除した方が良いでしょう。プラグインの削除は、/lib/MojoMojo/Formatter ディレクトリにある該当 .pm ファイルを削除か移動してしまうだけです。

そんなに必要ではないかもしれないプラグイン:

インストールが終わったら

Deployment を参照してください。 もし、うまくいかない場合は トラブルシューティング を参照してください。

サイト内検索