2015/09/25 11:20:46

MojoMojoの設定

このページは MojoMojo::Prefs(in MojoMojo-1.01) の訳です。正しい情報は原典を参照してください。

MojoMojo::Prefs

MojoMojo の設定可能な項目の説明

MojoMojoには設定項目がいくつもあり、それらは "Site settings" (/.admin) で設定することができます。 データベースに保存していない値は、mojomojo.conf かデフォルト値が用いられます。

admins

管理者権限のあるユーザのログイン名

デフォルト: 'admin'.

name

サイト名

デフォルト: 'MojoMojo'.

main_formatter

記事テキストを整形処理する方法を明示します。Markdown と Textile があり、 多彩な Markdown がデフォルトです。それぞれの違いはMarkup Language Comparison を参照してください。

open_registration

ユーザの登録を許可するかどうか。

デフォルト: false.

anonymous_user

匿名ユーザでの投稿がきょかされ、このオプションに設定したユーザ名が表示されます。

restricted_user

true値を設定すると、通常ユーザはユーザ領域以外のページ編集を制限されます(/username のサブページ)。管理ユーザは全て編集できます。

デフォルト: false.

enforce_login

すべての動作にログインすることを強制します。

デフォルト: false.

check_permission_on_view

表示や検索に権限確認をするようにします。

デフォルト: is false.

create_allowed, delete_allowed, edit_allowed, view_allowed, attachment_allowed

匿名ユーザにそれぞれのアクションを許可します。

Defaults: true.

entropy

メール認証などのためにランダムな文字列が秘密の文字列として使用されます。

trueに設定すると、Google検索をサイト検索に使用します。KinoSearchがCPUを100%使ってしまうので、いまのところは強く推奨されるオプションです。参照

use_captcha

trueなら 新規ユーザの登録や匿名ユーザの編集時にCAPTCHAを利用する。

デフォルト: false.

theme

使用するテーマ名

デフォルト: 'default'.

cache_permission_data

キャッシュを許可する

デフォルト: true.

default_lang

デフォルトで使用する言語:

  • en - English
  • de - German
  • fr - French
  • ja - Japanese
  • no - Norwegian
  • ca - Catalan
  • es - Spanish
  • pl - Polish
  • ru - Russian

デフォルト: "en"


confの書式

mojomojo.conf は、Config::General の書式にしたがって記述します。

サイト内検索